役割と検査

頭を抱える女性

エクオールの役割

エクオールも他の成分同様、メディアで紹介されたことから注目が高まりました。メディアではエクオールの役割や生成方法だけでなく、これから期待される役割についても紹介しました。これから期待されているエクオールの役割というのは、乳がんが関係しています。

予防に役立つ

乳がんは早期発見と治療で解決することができますが、これらが遅れてしまえば最悪の結果死に至ることがあります。そのため、乳がん検査や予防が勧められています。乳がん予防には、エクオールが役立つと言われています。これが、エクオールがこれから期待されている役割なのです。

抗エストロゲン作用の働き

エクオールが乳がん予防に役立つというのは、エクオールが持っている抗エストロゲン作用に乳がん抑制の効果があるからです。乳がんの原因であるエストロゲンの働きを、エクオールの抗エストロゲンが抑えてくれるのです。

嬉しい話

抗エストロゲンが乳がんの原因であるエストロゲンの働きを抑えることから、エクオールが期待されていることがわかりました。エクオールに乳がん抑制効果があるのは嬉しい話です。乳がんを発症しないよう、常日頃からエクオールが生成できるように心がけておきましょう。

エクオール生成ができるかチェックしよう!

ソイキットで簡単に検査

更年期障害の緩和、乳がん防止などに役立つエクオールですが、自身の体内で生成できるかチェックすることができます。ネットではソイキットという検査キットがあり、誰もが簡単に購入することができ、多くの人が体内でエクオールを生成できるか確認しています。

検査の注意点

ソイキットで検査を行う場合、注意することがあります。ソイキットを使った検査は尿を摂る必要があるからです。検査では生理期間を避けることと、検査の3日前からエクオールが含まれているサプリやドリンクなどを摂取しないことです。そして提出ですが、夏など熱い時期は涼しい時間帯にしましょう。気温のせいで、検査に影響が出てしまいます。

キットでの検査は簡単

ソイキットを使ったエクオールの検査ですが、とても簡単です。上記にもあるように、尿を取っての検査なので、健康診断の尿検査と同じ方法で出来ます。出始めではなく中間くらいの尿を専用の容器に入れて、提出ようの袋に入れて送るだけです。

病院でもできる

エクオールの検査ですが、ソイキットを使用する方法だけではありません。病院でもエクオールの検査ができます。病院だと検査結果を医師が直接説明してくれることもありますし、エクオール生成のための対策についても質問することができますよ。

広告募集中